FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のペースで、ゆっくりでもいい

日記絵

子どもが成長していくうえで、一番見守ってあげるべき
ポイントじゃないかなぁ、と思うのは、
「タイミング」だと思います。

何を始めるにも、その子が「やりたい!」と思ったそのとき、
その瞬間を尊重してあげることが大事だと思います。

勉強にせよ、趣味にせよ、親が先走って
子どもが興味を持つ前に先手を打ってしまうのは、
一番よくないんじゃないかなぁと感じることがあります。

私も、高卒認定試験の勉強をしよう! と思ったのには
きっかけがあって、まぁ友達から学力の低い痛い所を
指摘されたからだったんですが、
自分が「勉強したい!」と思ったあの瞬間だったからこそ、
父が私が勉強したいと言った三日後には
高認予備校のパンフレットを全部揃え、
下見もすでに行ってきたという親の喜びゆえのスピードを
受け入れられた(ちょっとひきましたがf^^;)んだと思います。

もしこれが、私が勉強したい、と言い出す前に
準備されてしまっていたら、逆に「勉強なんて絶対しない!」と
逆効果に終わっていたと思います。

子ども一人ひとり、それぞれのスピードがあります。

早めはやめの子もいれば、ゆっくりの子もいます。

私も本格的に勉強を始めたのは、16歳のころからでした。
それゆえに、数学以前に算数が分からなかったり、
分からないことだらけで大変なこともありましたが、
無事高認を取ることができました。

だから、その子のペースに親が合わせてあげる、
くらいの気持ちで親がいてくれたほうが、
子ども的には気持ちがずいぶん楽になります。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング
スポンサーサイト
プロフィール

松葉ヒロ

Author:松葉ヒロ
幼稚園を中退し不登校をし、色々あって大学を卒業しました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。