FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月1日問題について

夏休みが終わり、9月1日問題が話題になっています。

でも、私は9月1日に限らず、どの時期においても、子どもは学校にどうしても行きたくないときは、行かなくていい自由
があると思います。

たしかに、夏休みが春夏秋冬の休みの中で一番長い休みですから、夏休み明けのこの時期が話題になりやすいんで
しょうが……。

事情があり行きたくない場合は、「行きたくない」と表明できる世の中であってほしいと願います。

ですが現状、子ども本人が家にいると、親から「学校へ行きなさい」と言われてしまいなかなか家に居づらい、とい
うこともあると思います。そういうときに、やっぱり子どものことを一番理解してあげられるのも、認めてあげられ
るのも親だと思うので、頭ごなしに学校へ行くよう説得せず、なぜ学校へ行きたくないのか、今後どう過ごしていき
たいのか、きちんと話し合いできる環境があるとベストだと思います。

友達や先生や、周りの人の理解が得られるのも大きいですが、子どもの中で(特に思春期などは)親の影響力が大き
いので、自分が一番の理解者になる気持ちで、親が子どもに接してあげることから全てのことが始まると思います。

私の親は比較的子どもに好きにやらせるスタンスで教育してきたので、学校に行きたくない、と言ったときも最初こ
そ反対されましたが、徐々に親のほうも学校へ子どもを行かせなくてもいい、という考えに変わっていきました。

もちろん、学校へ行かないことが全ての子に合っているとは思いません。

学校へ行きたい子もいる。
学校へ行きたくない子もいる。
今は行けてないけど、復帰したい子もいる。
今は行けてるけど、本当は休みたい子もいる。

それぞれ、自由でいいと思います。もしその自由が否定されてしまったら、その子が大人に成長したときに、自分の
子どもの気持ちを、本当の意味で思いやれる大人になれるのかどうか、そこが心配になります。

学校へ行きたくないという気持ちは、一種のSOSだと思います。そのSOSを、周りがどう気づいてあげられるか、受け止
めてあげられるかが大事だと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング
スポンサーサイト
プロフィール

松葉ヒロ

Author:松葉ヒロ
幼稚園を中退し不登校をし、色々あって大学を卒業しました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。