スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校をしていて悲しかったこと

私は学校を行ってなくても毎日楽しく過ごしていましたが、いくつか悲しかったこともあ
りました。

それは、学校に行っている友達が、私からどんどん離れていったことです。まぁ、当た
り前と言えば当たり前のことなのですが……。

だから、学校に行かない友達と、不登校仲間同士で遊ぶことが多かったです。

切なかったのは、学校に通っていた友達が、向こうから文通をしようと言ってくれたのに、
「やっぱり忙しくなったので、文通できません」という手紙をくれた時のことでした。

きっと、お母さんなどに、「あの子と一緒に遊ぶのはやめなさい」と言われたんじゃないか
なぁ、と思いました。タイミング的にも。

でも、もしかしたらその子自身の意思だったのかもしれないですがf^^;

やっぱり、学校に行っていない子と行っている子が仲良くなるのは難しいかもしれません。

でも、私は現在友達に恵まれ、その大半の子は不登校仲間です。不登校仲間のいい所は、
学校が関係ないので、中学生の歳になっても、高校生の歳になっても、そのさらに上の歳
になっても、変わらず友達でいてくれる所です。

学校の友達だと、学校が変わると疎遠になってしまったりしますが、もともと学校に行ってな
い同士だと、あんまりそういうのが関係なかったです(少なくとも私の場合は)

みんな優しくていい子ばかりで、本当に周りの友達にはいつも感謝しています。

私が辛いときは励ましてくれ、私が嬉しいときは一緒に喜んでくれ、かけがえのない存在です。
私も、相手を大事にして今の関係を大切にしていきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもりランキング
スポンサーサイト
プロフィール

松葉ヒロ

Author:松葉ヒロ
幼稚園を中退し不登校をし、色々あって大学を卒業しました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。